カポレイコモンズ様

Kapolei Commons

Situation

カポレイ・コモンズ様より、プリントメディアとソーシャルメディア双方での宣伝を増やし、日本、韓国、中国からの観光客を増やしたいというご依頼をいただきました。

Challenge

カポレイ・コモンズ自体の認知度が低く、テナントの多くがホノルル/ワイキキエリアにも店舗を構えているため、コオリナ地区に滞在している観光客やレンタカーで西オアフまでドライブする観光客へリーチする必要がありました。

Action

FAMツアーを企画し、日本、中国、韓国のメディアに影響のあるハワイ在住コーディネーター16名をご招待しました。

参加者の多くがホノルルエリア在住のため、ワイキキエリアからシャトルを手配。ツアー内容には、カポレイ・コモンズで人気のダイニング施設でのお食事や、お買い物体験を盛り込みました。より多くのダイニング施設をお試しいただくために、Eating House 1849、Aloha Salads、Down to Earth、Ruby Tuesdayに参加を呼び掛け、各レストランにサンプリングサイズのお食事を用意してもらいました。お食事後は、 カポレイ・コモンズから各参加者に25ドルのギフトカードを提供し、ショッピング時間を設けました。

また、ツアー中にソーシャルメディアコンテストを開催し、カポレイ・コモンズの写真を#kapoleicommonsのタグと共にSNSへ投稿いただくよう呼びかけました。賞金には50ドル分のギフトカードをご用意。また、ご参加いただいた全員に、お土産としてグッディバッグも提供しました。

Results

FAMツアー開催の結果、20記事以上の掲載、広告換算額43,209ドル、リーチ数940万以上を達成しました。

また、ご参加いただいたコーディネーターにアンケート調査を実施し、カポレイ・コモンズの魅力や推奨メディアなど、様々なフィードバックを得ることができました。調査によると、カポレイ・コモンズに行ったことのあるコーディネーターは、カポレイ地区在住の2名のみ、残りのメンバーは初めてということがわかりました。カポレイ・コモンズの魅力に関する質問には、「駐車場がたくさんある」、「開放的で風通しがよく広々としている」、「ショッピングとダイニング施設がのバランスがよい」、「新しく開発されたショッピングセンター」という回答が多数。推奨メディアには、「ガイドブック」、「旅行雑誌」、「家族向けの雑誌」という回答が多数でした。

ツアーを通して、コーディネーターにカポレイ・コモンズの良い印象を与えることができ、メディアに取り上げられる機会も少しづつ増えました。