役員紹介

キム・フジナカ(Kim Fujinaka)
総合マーケティング部長

Contact Us

 

ロヨラ・メリーマウント大学経営学部卒業。在学中にプロモーション戦略、消費者行動、ブランド管理、マーケティング・リサーチなどを学ぶ。2008年にパックリムマーケティンググループ入社。マーケティング&クライアント・マネジャーを経て、現在は総合マーケティング部およびクライアントサービス部長として、クライアントのアジア市場からの旅行者のシェア拡大に携わるほか、ハワイを含む北米の新規事業開拓にも従事。

専門分野を活かして活躍する米国本土や日本、韓国、中国出身のマーケティング・スペシャリストやインターン生をリードする。高級ブランド店、大型ショッピングセンター、有名ホテル、金融機関などのクライアントを抱え、様々な言語におけるプロモーションやキャンペーンの実施を統括。また、クライアントのニーズと急速に変動する旅行市場の動向を察知し、適切な事業戦略を提案する。

ホノルル日本人商工会議所やホノルル日系人青年会議所などの団体に所属。また、オアフ島ホノルルYWCAの取締役会メンバーであり、ボランティアやコミュニティ活動などにも積極的に参加している。2010年度には、ホノルル日系人青年会議所の主催の恒例行事「桜まつり」のプリンセス(チェリー・ブロッサム・フェスティバル・プリンセス)の一人に選ばれ、アメリカや日本へ足を運び様々な活動を行う。またコンテスト期間中には、ボランティア活動や日本文化を学び、日本についての理解を深めた。

2014年度に、職場およびコミュニティに深く関与し優れた活動を行った40歳以下の青年を表彰する「2014 Forty Under 40」(ハワイのPacific Business News誌による)の一人に選ばれる。さらに2016年度には、職場、ビジネスコミュニティ、大型コミュニティなど多岐にわたり実質的な活動や多大な貢献活動を行い、また今後の活躍が注目される女性リーダーを称える「Woman to Watch」(Pacific Business News誌による2016 Women Who Mean Business賞)で、70人の候補者の中から12人の一人に選ばれる。